ptsdなどの精神疾患を改善~うつに打ち勝つ!~

理解されづらい

ガッツポーズ

人は精神的なに強いストレスを受けることで様々な精神疾患を抱えてしまいます。精神的な病には非常に様々な種類があり、強いストレス感じることが多い現代社会で生活を送っている人ならば誰もが精神的な病を発症する可能性があるのです。心身症やうつ病などの精神疾患の原因は、衝撃的な経験することで発症するこが多くあります。これらは、意欲の低下や気分喪失など内面的なところに症状がでます。しかし、思春期などになると進学や友達付き合いの不安が多くあり、頭痛など症状が表にでてくることもあります。これを起立性調節障害といい、症状が悪化すると不登校になってしまいます。
他にも疼痛性障害という身体的現性障害が現れる病も存在しています。疼痛性障害は病院などで精密検査を行ったとしてもはっきりとした原因が分からないものであり、身体的に激しい痛みを感じる場合があるものです。はっきりとした原因が分からない疼痛性障害は近年脳の機能障害だとされており、疼痛性障害の改善のためには脳の活動バランスを整えることが必要不可欠なものとされています。
疼痛性障害による痛みはとても多様です。発熱があったり手足の痺れを感じたりすることもあります。また痛みが発生する場所も顔や背中など、全身の至るところに現れるのが特徴です。疼痛性障害による身体の痛みはある日突然起こるものです。日が立つに連れて痛みが増していく場合が多く、痛み止めを飲んでも全く効果が無いため痛みは慢性化していくことがほとんどです。
また疼痛性障害ははっきりとした原因が分からないため、あまり周囲からの理解を得ることが出来ないものです。会社や学校などでも仮病として扱われることも少なくはありません。原因不明の痛みに悩まされている場合は一度病院で診察を受けるようにしましょう。