ptsdなどの精神疾患を改善~うつに打ち勝つ!~

ストレス

医師と看護師

今の日本社会ではストレスを避けて通ることは不可能に近いでしょう。普段の生活の中でストレスを感じずに過ごすことは困難なのです。そういった現代の生活の中では、多くの人が自分自身でも気づかない内にストレスを貯めこんでしまっている場合があるのです。人はストレスを受けることで脳内の活動バランスが崩れ、神経伝達物質の流れが正常に行われなくなってしまう場合があります。そうなってしまうことで自律神経が上手く機能しなくなってしまうのです。脳から身体への信号が伝えられるように活動している自立神経が機能しなくなることで、様々な症状が身体に現れることもあります。ストレスによって精神的に負担が掛かってしまった場合に身体的な症状が現れる病気を心身症と言います。
心身症は自分自身でも内面的なストレスに気づかずに貯めこんでしまう人に多く見られる病です。心身症は精神的にストレスを受け続けることで起きるものです。人の身体は強いストレスを受けることで心身症やうつ病、ptsdなどの症状が現れることがあるのです。ptsdに反して心身症は、精神的なストレスによって身体の症状が特徴的なものです。発疹や身体の痒み、気管支喘息や胃炎などの症状が精神的なストレスを受けている場合に引き起こされた際は、心身症を疑いましょう。心身症の心療は多くの人が病院の精神科を利用しようとしますが、心身症は心療内科で専門的に取り扱われています。心療内科では心身症の身体的な症状と同時に心のケアも行っていくことが可能です。