ptsdなどの精神疾患を改善~うつに打ち勝つ!~

症状を知る

女の子

現代は非常様々な場面でストレスがたまりやすいと言えます。近年はストレス社会とも言われており、世の中の大勢の人が強いストレスを受けることが多くあるのです。慢性的に身体に強いストレスが加わり続けると、人の身体には多くの症状が現れることがあり、日常生活にまで悪影響を与えることがあります。過重なストレスを感じ続けることで脳内のホルモンバランスが崩れてしまい精神にも異常をきたすこともあるのです。過去に強烈なショック体験があったり、非常に強いストレスが精神に掛かった経験は心の傷として残り、その経験に通ずることなどに強い恐怖や不安を感じるようになってしまう事もあります。これをptsdと呼びます。ptsdは心的外傷後ストレス障害とも呼び、精神的に強いストレスが加わった時の心の傷が原因で発症してしまう精神的な病の一つです。犯罪の被害経験や、暴力、災害といったものが原因になることが多くあります。急に過去の苦い体験を思い出し、動悸が激しくなったり、涙を流してしまったり、吐き気や頭痛を従うことも多くあるのがptsdの特徴です。また多くの場合、夜に眠れなくなることもあるでしょう。誰しもが辛い経験などが原因で夜に眠れなくなってしまうことはありますが、夜眠れなくなってしまったり食欲が無くなったりしてしまう症状が何ヶ月も続いてしまった場合にはptsdに陥ってしまっている可能性が非常に高いでしょう。
ptsdは強いストレスとなる経験からすぐに症状が出る場合もありますし、数ヶ月後の場合もあります。もしくは数年後に症状が現れることもあるのです。ptsdは今は症状が出ておらず大丈夫だとしても誰もが陥ってしまう可能性があるのです。誰もがストレスによって精神的に負担が掛かる現代では、自分は大丈夫だと思わずに日頃から精神的なケアを行っていかなければならないと言えるでしょう。